Archive for 8月, 2017

小さなお葬式・ペット火葬

1

ペット葬とは、犬や猫その他飼育していたペットの葬儀をすること、またそれに関連したサービス全般を行うことを指しています。
ペットの供養や葬儀を出すことは歴史が古く、古代エジプトでは丁寧にミイラにされた猫が見つかっています。また日本でも、縄文時代の遺跡から犬の埋葬跡が見つかっています。人間は、昔から動物を丁寧に埋葬する習慣がありました。
現代においても、ペットが亡くなったあとも人間と同じように葬儀を出し、埋葬をしたいと考える人が多くいます。かわいがっていたペットは単なる動物ではなく、家族と同然との考えからです。こうした事情で、ペット葬を行う業者やペット霊園の需要が近年高まってきました。
ペット葬の業者やペット霊園の供養の形態はいろいろあります。シンプルに火葬して埋葬するだけのケースや、人間と同じように、聖職者による話や読経の後火葬され、骨壺に入れて埋葬、49日の法要などを行うこともあります。これは業者が様々な葬儀のコースを用意しており、飼い主がどのような供養を望むかによって選べるようになっていることがほとんどです。費用はコースとペットの種類や体重などで上下しますが、火葬のみのシンプルなもので、だいたい1万円から5万円くらいの幅になっています。聖職者へのお礼や墓地、納骨堂の代金は別扱いです。
ペット葬についての法整備はまだありません。遺体は法的には一般廃棄物の扱いとなり、通常は焼却場などで火葬の手配をしてくれるようになっています。また埋葬についても不法投棄の扱いにならないよう適切に処理する必要があるとされているだけです。それでも、大切な家族を失った飼い主にとっては、死後もできるだけのことをしてやりたいとの思いがあります。また、ペットへの思い入れの強い人は、ペットがいなくなったストレスでペットロス症候群になることもあります。そうした人々の心に沿うために、ペット葬(ペットの火葬)は大切な儀式となっています。

可愛いノースリーブ

1

とても可愛らしい形でさらさらとしていて気持ちよく素敵です。ただふわっと広がっているのでぽっちゃりの方なら更に太って見えてしまうかもしれません。でもとても可愛いので開き直ってこれからもバンバン着たいと思っています。色がかわいくて違う色にもリピしたいです。脇ぐりが狭いので下着は見えませんが、めっちゃ脇の布がつる感じがしますので、脇だけ窮屈感があります。と思うけどすごくかわいいし、下に何色着ようかと悩んでいます。これ1枚で着るのが1番かわいいけど、二の腕をさらしたくないので、外にはもう一枚羽織います。カーキのフレアスカートにこの色合わせたらめっちゃかわいいんだけど、上に羽織る色がありませんが、また別の商品を購入します!

ノースリーブを探す時、バストの高さで脇がきつくなり難しい事が少々ありますがこれだと楽に着れます。素材も涼しげで短めの丈のおかげでかわいく見えます。匂いが少し気になりましたが衣類フレグランス等で対応して問題なく着れました。